This blog post was brought to you by the generosity of AJATT's patrons!

If you would like to support the continuing production of AJATT content, please consider making a monthly donation through Patreon.

Right there ↑ . Go on. Click on it. Patrons get goodies like early access to content (days, weeks, months and even YEARS before everyone else), mutlimedia stuff and other goodies!


日本語での文章を上手くする方法

此間、CajunCoderと名乗る人に「おい、勝元。日本語で記事書いたらどうだろう!?」って言われた。困ったなぁ。

実はこのブログを始めた途端、全ての記事を日本語で書こうと思っていたし、自分の執筆にも自信があった。しかしそれは恐ろしい現実に気付く前だった。

自分の文章が下手だという現実。

下手だけど頑張って向上しようとしている。今回、その向上方法を紹介する。

●先ず、文章をたくさん読め!
人間は電卓だ。正しく入力されれば正しい出力が出てくる。当然その反対もあって、入力が駄目だったら出力も駄目だし、入力が少なければ出力も少ない。日本語で書かれたメールを読んだことがあるか?ブログは?論文?読んでいないなら、自分で書くのをやめよう。

良い日本語をたくさん読んだり聞いたりしない限り、良い日本語は決して話したり書き出したりできない。だから日頃の読書を欠かさずやりなさい。読んだ量が多い程、書いた質が上がる。

●練習として短い文を書け!
メール・日記・漫画なんでもいいので、とにかく毎日100~400文字程度書きなさい。しかし・・・

●書いた物は必ずネイティブに読んで訂正して貰え!
子供の頃を覚えているか?どの文章も親もしくは学校の先生に訂正して貰っていただろう。我々ネイティブでない人間を日本語で表現すると「子供」に当たり,ネイティブ=スピーカーは「親」であると言える。肉親と同様、日本語の親の役割は子供なり我々を正しく育てることである。具体的に言うと、「訂正」すること。

日本は「お世辞大国」で、日本人は一番進化した「お世辞動物」って言っても過言ではない。従って、「お前、ここ直せ」って自然に言ってくれる日本人は居ない.だから躾が必要。幸い、その躾がとても簡単で、「私が間違えたら、直ぐその場で厳しく訂正して下さい」と何度も言えば十分だ。繰り返した数だけで、相手が本音を漏らし始め、訂正を行う。これは話し言葉にも書き言葉にも当て嵌まる方法。

悪い習慣を定着させないために、やはり子供に返るのだ。書いた文章を必ず「親」に訂正して貰いなさい。それから「親孝行」の意味で、訂正されたポイントをキチンと吸収して、SRSに入れて、二度と同じ間違いを繰り返さない。間違いというのは死ぬまで犯してもいいが、同じ繰り返しは馬鹿馬鹿しくて許されない。

●専門家の意見を求めよう。文章向上に就いての本も読め!日本語の作文技術
文章を向上させるための本があきれるほど一杯あり、どれを買ったらいいか分からない。こうした中で、救世主のような本がある。この一冊を読んで実践するだけで、少しずつ文章の達人になれると思う。他にいい本もあるけれど、初めの一冊としては本多勝一著の「日本語の作文技術」を是非お勧めしたい。

以上、「日本語での文章を上手くする方法」だった。また今度ね!

  10 comments for “日本語での文章を上手くする方法

  1. JDog
    May 2, 2007 at 11:06

    Well, I really don’t know anything of what this one is about (not at that level yet), but all the people who were asking for a post in Japanese only, got it!

  2. mantixen
    May 2, 2007 at 13:29

    すんげっ!毎回こんな記事書いて貰えれば絶対役立つと思う。だって、これは日本人じゃなくて僕みたいな外国人が書いたものだと考えれば、なんとなく凄く励みになるんだ。これからも時間とヤル気があれば是非日本語で投稿して下さい!

  3. khatzumoto
    May 9, 2007 at 19:27

    マンティックセンさん
    優しいお言葉に感謝してます!今後も頑張って日本語で投稿し続けます。

  4. CajunCoder
    May 10, 2007 at 17:26

    →「おい、勝元。日本語で記事書いたらどうだろう!?」
    (笑)言い方はそんなに乱暴に聞こえたんですか?

    やっぱり日本語で書き込んでくれたんですね!今まで、久しぶりにこのブログを見たことなくて、気づいてなかったんです。いつも通り面白い更新!

    おすすめの「日本語の作文技術」はとても面白そう。買おうと思う。

    じゃあ、これからもよろしく!

  5. Tore
    June 28, 2007 at 12:05

    同じことを痛感している日本語話者として、このスレを読んで賛成するばかりです。僕の経験からいっても、読めば読むほど作文のレベルがあがります。まさに英語の場は一目瞭然でした。でも、そのことを十分理解していても日本語で読書する時間がなかなか取れないもんです。仕事・残業があったり、その他の言語でも読みたい本がいっぱいあったり、家族との時間を充実させたり、社会人のになると理想と現実のギャップが著しいです。

    なお、日本語を母語とする身近な者に訂正を頼むことにも限界があります。来日したばかりの頃、たびたび妻に頼みこみました。僕が何を言いたいかまったく通じない異分野の文書を訂正させてもらって、相手もかなりの負担をかけてしまった前科があるんで、もうやってもらわなくなってしまいました。一方、しゃべり方の変なところも指摘してほしいといっても、「可愛い」という理由で積極的にやってくれない。

    まぁ、言い訳せずに読むしかないですよね。勝元(?)さんの実績に驚かされて、このブロッグで載せていただいた様々な戦略をぜひ次の言葉学びに適用してみたいと思います。本多先生の本も読んでおきます。

  6. 陽子
    August 22, 2007 at 19:38

    はじめまして。陽子と言います。日本人です。
    最初この記事を見たとき、てっきり日本人が書いているブログなのかと思いました。この方法は日本語だけでなく他の言語の勉強にも有効だと思います。つい先程、ハリーポッターの原書を読んでそれを実感しました。
    一つ、訂正ですが、「二度あの間違いを繰り返さない。」よりも「二度と同じ間違いを繰り返さない。」の方が自然だと思います。

  7. khatzumoto
    August 22, 2007 at 19:52

    陽子さん

    ご訂正ありがとうございました。恥ずかしながら、これからは「二度と同じ間違いを繰り返さない」ように、自分(軍人かっ?)も頑張ります。

  8. October 29, 2007 at 21:11

    私のお薦めの文章読本は、野口悠紀雄氏の『「超」文章法』です。私は純粋な日本人ですが、下手な英語で、ブログを書いています。暇があったら、お寄りください。

  9. October 29, 2007 at 21:12

    さっきのはURLが間違えていました。

  10. マッカ
    August 3, 2009 at 22:11

    それで良いの!
    すげい良いアドバイスなんだよ。

    けどね、このサイトを見つける前に、三年か四年間ぐらい、学校の日本語の授業でいつもすげい役に立たず論文とかを書かねばだったので、今そういう物を全然書きたくないよな。
    代わりに、新聞の記事とか沢山読む。良いよ。
    学校の日本語はすげい駄目だよ。今、高校三年の日本語をしてるが、まだ非常に駄目だよ。日本語から英訳をたくさんしねば、自然じゃない日本語を習う。
    なので、よく宿題とかしないよ。それでいいよ。

    どうも。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *