進むテレビの低俗化

久々に日本語記事を書こうと思えば・・・前回の記事から現在までの大量入力(インプット)に基づいて築いて来た言語力(国語力?)の自身と裏腹な不安も抱いている俺。何でかというと、幾ら「AJATTの勝元」でも私にも間違える可能性は十分あるからだ。というよりは、誰でもそうじゃん?日本生まれ育ちの生粋の日本人だってね。しかし、私の場合は、「やっぱりアイツ外人だね」と、国籍に言葉の間違いを然う〔「コイツどんだけ漢字変換するっちゅうねん」と考えていらっしゃる方もいらっしゃるでしょうが〕帰せられるのが、やっぱり嫌だ。で、さき申し上げたんだけど、やっぱり俺は「AJATTの勝元」で、言わば「常識に囚われない画期的な日本語独学法」の、斯う、代表者というか提唱者なんだから・・・要するに、従来の考えを覆す大いなる主張には大いなる責任が伴う。換言すると、「語学の新説を唱える癖に下手な日本語を使うなっつーの!」って奴だ。

さて、此間テレビに関する記事(嘆き?)を書いた僕(はい!吾輩は一人称の選べない人間である)なんだけど、ネットサーフィンがてらにこのブログにて「テレビ番組の低俗化に関する一考察」という、テレビをジャンクフードに準えるカナリ興味深いポストを見付けちゃった。僕的には、日本語の勉強に役立って来たテレビはもう完全に見て居られない。今では面白いドラマとか有ったら、DVDで観れるまで待つぐらいだ — 大事な思考力が馬鹿馬鹿しい番組に衰退させられないように。だからこの記事を読んで大同感しました。皆ちゃんも読んで見てね。

テレビが低俗しているのではなく、元々低俗なモノだったという考えもあるみたい。確かに今までパッと見た昭和時代のテレビから判断すると、当時でも特に高尚な番組があったとは限らぬ。どっちみち、俺はもうテレビを見ないけど。

最後に、テレビジョンの悪口を散々言って来た私も、繰り返しだけど実はテレビっ子だった — テレビのお陰で日本語が解る私が居る。なんつーか、語学と地理学の最適無敵な道具なんだ、テレビってのは。あるレベル迄ね。なので、どんだけいかほど低俗な番組でも、その内容をまだ理解できない人には、拒否・批判する資格は無い。テレビを批判するのは、語学的にちゃんと理解できるようになってからの特権なのだ。だから、或る言語を勉強中の方には、その言語でのテレビを大量無差別に見る事を是も非もお勧めしたい。そして、理解できるようになったら、番組を真剣に選んだり、テレビそのものを全面的に否定したりしても構わない。

まあ、恐らく真の問題はテレビの低俗化より、低俗化と面白くない化の同時進行。面白くて低俗ならしょうがいないし、面白くなくて高尚でも受け入れられるが、低俗で面白くないは到底赦せぬ!


This blog post was brought to you by the generosity of AJATT's patrons: Luke, Charlie, Nathan H, Other Nathan, Kyle, Aujury, Riad, Robert, memo, Nico, RK, Phillip, Mike, Henry, William, DaiSaka, Russell, remy, Adam, Michael, Jinette, Josh, Kent, Elin, Mairo, Christian, npkdyrpubfr, an.selenium, Squishyface, Diogo, Jeffrey, Nicholas, Wong, Toucan, vvv, Stefano, Chris, TMeurs, David, Neito, Quinn, Roodolph, Roger, dm, Lukas, Nenjya, Tom, Daniel, Francois, Richard, Amir, Matt, Hadi, Jace, Jean-Felix, Luke, Stijn, Nicole, Walter, Ian, nathan, May, Nyagasaki, Daniel, Emily, Coolbgdog, Cush, Erin, Stian, Christopher, Celia, SoloTravelBlog, Rob J, Jan, Tony, Avtar, Angela, Allen, Analisa, Eric, W, emk, Radek, Zach, Matt, William, Sarah, Jamie, LS, Nico, niin, Russell, Tawfiq, Jenny, Caleb

You guys are the best and I want to have your babies.

So...Let me have your babies.
Please? :D

Wait, what? All uterine humour aside #StopUterusShamingMeBro, seriously, your support means more than you know and I (Khatz ← that's me) am deeply grateful for each and every one of you. Thank you so, so much. Thanks for believing in me, thanks for taking action, thanks for being there.

If you would like to support the continuing production of AJATT content as well as two adorable cats (yes, actual cats) please consider making a monthly donation through Patreon. Right there. Go on. Click on it.

  7 comments for “進むテレビの低俗化

  1. Saru Sponge
    January 10, 2008 at 19:16

    いい記事。ありがとう。

  2. Nivaldo
    January 11, 2008 at 02:56

    Hey, Khatz! Although I don’t understand anything of what you say in this post, I would like if you posted more things in Japanese. It would be delightful to begin reading true japanese texts with your posts.
    A quick question Khatz: how long did you take to start reading programming books and other ones after learning meanings of all 20xx/3xxx kanji?

  3. khatzumoto
    January 11, 2008 at 09:28

    @Nivaldo
    Well, I kind of learned to read them…by reading them 🙂 . So, I guess almost 0 time? Except for the first very basic 500-1000 Japanese-English sentences I did, I just went straight into real Japanese that I wanted to read.

  4. Nathanael
    January 11, 2008 at 19:43

    I second jumping right in. Another advantage that adult learners have is experience in analytic and abstract thought that children are still developing. In general, this means that with a dictionary, and a basic understanding of grammar, you can understand almost any text that you would be able to in your native language even if you don’t grasp the nuances and subtleties. So unless you’re wanting to read Hegel translated into your target language, you should be good to go; besides, that’s a challenge in your native language.

  5. February 3, 2008 at 21:12

     はじめまして。とても興味深く拝見しました。
     私も先月日本に帰国したときに(私は現在イタリア在住です)テレビの変化には驚かされました。
    リンク先の記事でも一部ありましたが、不必要な字幕の多さ、つまり話した内容を強調的に繰り返して字幕をつけるというバラエティ番組の手法にかなり違和感を感じました。数年前に比べ確実に増えていました。
     テレビの「低俗化と面白くない化」に関しては、仕方ない感じもします。ただテレビを通じて、どのように日本人の話し言葉と書き言葉に対する感覚が変化してきているのかが透けて見える気がして、それはそれで面白いと思っています。

     あとKhatzumotoさんの完璧には正しくないにも関わらずそれゆえに非常に自然な日本語に驚きました。
     私も4年ほど前にイタリア語をゼロから初め、今はイタリア語のみで生活しているので共感する部分も多いです。私の場合はKhatzumotoさんほどシステマティックではありませんでしたが、結局似たような方法でイタリア語を習得した気がします。
     これからも楽しみにしております。

  6. khatzumoto
    February 29, 2008 at 14:24

    kanakoさん
    ご覧になって頂いてありがとう御座いました。
    お返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。コメント管理だと効率が公務員みたいに低くてね・・・(おっと、今のは名誉毀損だったかなぁ)。

    これからも頑張ってもっと日本語で記事を書きたいと思います。変なところにお気づきになりましたら、どうぞイタリア語でも罵って(笑)、厳しく指摘して下さい。

    そう言えばkanakoさんの言語取得法は、現在の日本社会が痛いほど必要としているモノです。何せ皆アホみたいに英会話とか言語学校とかに金を投げ込み捲くってるのが現状ですが、その値段の割りに結果が出ません。で、「日本人にゃ無理や」、「島国だからサ」、「英語が難しい」云々屁理屈とコジツケばかりで結果の乏しさを誤魔化そうとしていますが、問題は絶対に、考え方と其処から生まれる遣り方にあると僕は確信しています。
    黙って弱音を吐かずにイタリア語を学んだkanakoさんの実例に色々倣えるだろうと思います。

    返事が説教になって済みません。今後とも宜しくお願いします。

  7. askayscha
    March 10, 2009 at 18:25

    gahh, I wish I could understand! >0<

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *