白人ってサァ・・・どんだけぇ?

言っとくけど、俺は白人がカナリ好き。白人居住区育ちの俺が、白人の幼稚園をはじめ、白人の小学校・白人の中学校・白人の高校・白人の大学に続々進学して参りました。大学時代聴いてた洋楽も白人向けであれば、妻も白人だ。尚且つプラス更に片方の猫ちゃんまで、毛の半分以上が真っ白な訳。そして友達全員一人残らず白人。昔は黒人友達も居ったが、敢えて連絡を取らなくなった。キャラが被って困る :)。

だから、こう言うのを人種差別として誤解されないで欲しいが・・・

俺は白人が完全にイカれてると思う。いや、思うっていうか、事実です。お前ら(白人)サァ、正気か?ヤッパリ正気じゃないナァ。正気な人種ならこう言う映画は撮れないだろう。

半分白い健二と、その兄の孫

『マンデラの名もなき看守』って言う映画なんだけどサァ。ええっ?ちょっと待って。マンデラの看守?・マ・ン・デ・ラ・の・看・守・?マジかよ。って、有り得ない!!冗談じゃないよ!誰、この馬鹿企画を創った馬鹿が?一発、いや、二発、いや、三発殴らせろ!

何で? ていうか、何で??

基本的に平和主義な俺は何故に暴力に訴えるか、ご説明しましょう。
①私が知っている限り、これは史上初のネルソン=マンデラの映画化。
②上記同様
③本来敵対者ていうか、悪役である筈の連中が、白人が為に主人公兼善玉にされるのは、今回で初めてじゃない。いや~皆さん、これは蔓延してる病気だ。病気な白色人種が世界中にバラ蒔いている・・・病気・・・だ。

何で?何でマンデラを虐待した浣腸野郎が美化されなきゃいけないの?

  • 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(白人虐殺者が先住民の言語と生活習慣をプチ勉強する・・・だから?)
  • 「モガディシュの戦闘」(別にソマリア人があんたらに助けなんか頼んでないぞ~)、
  • 「アラモ」(テメエ等みてえな平気で他国に侵攻する奴等が死んでも、神様も哀しみましぇ~ん)、
  • 「サハラに舞う羽根」(お前らナァ、そもそもスーダンにおるのはその土地の人間を奴隷にする為だろうが!)、

と全く同様、人道を逸した事ばっかりする白人男性が何故かヒーローにされちゃう訳。同胞がやってる事をチョッピリ反省して何が偉いの?何も無いでしょう?でっしょ?だから今ここで俺はこの流れに強く反対せざるを得ない。

Vexille

「でも、勝元、どんな民族でも自分達を美化しガチじゃん」、とかホザく呼び捨て野郎もいらっしゃるでしょうが、それは全然違うって。つい最近、かのニッポンが、「ベクシル - 2077日本鎖国」を創り出したんじゃない?アレは日本人が、アメリカ人を主人公/善玉にし、日本人自身を悪玉にした作品なんだ。佳作とは言えないけれど、発想が新鮮そのものだ。しかも主人公が女性。やるじゃん、ニッポン。SFでも自分達を厳しい目で見れる黄色人に、白人も是非倣うべし。特にノンフィクション(実話)を扱う時にね。って、「実話」の意味が解かるか、白人共よ・・・明らかに解からないね。漢字学べ。

ていうか、何でマンデラ役が碌に南アフリカの訛りが出来ないアメリカ人なんだよ!?演技がド下手だっつーのに。好い加減アフリカ人にしろ。「黒人だから」イイって訳じゃないってば。『24』の大統領なんて知るかっ。一回だけ黒人大統領を巧く演じてからって永遠にそれとして起用されるべしって事は無い。無い。絶対無い。

以上。皆さんのご意見も聞こう。

  6 comments for “白人ってサァ・・・どんだけぇ?

  1. 無名
    May 31, 2008 at 03:17

    勝元の仰る映画は見た事ないのですが、何と無く同感出来る。
    しかし、私はその「どんな民族でも自分達を美化する嫌いがある」ってホザく野郎じゃないの。実は、私の思うには、白人が自分達を悪役にするのが得意とでも言えるかも知れぬ。
    ナチ映画とか、宗教裁判に関する映画とか、山ほどあるじゃないか?

    あっ、それに言いたかったけれど、この記事の始まりの注意は別に要らないと思う。誰もこの記事を人種差別と誤解しない筈だからよ。

    下手な日本語ですまぬm(_ _)m

  2. ロイちゃん
    May 31, 2008 at 22:38

    khatzuさん、僕は未だ日本語を勉強中です。日本人の友達がこの作文を読んでkhatzuさんは日本人だと思うほど上手って言いました。でも、その人がこの作文をもっと分かりやすくする為に、「為に」の代わりに「故に」を使うのはどうかと言っています。

    「白人が為に主人公兼善玉にされるのは」

    間違いじゃないそうですけど、違う意味にも取れるので。

  3. quendidil
    June 3, 2008 at 03:37

    然し、ナチ映画を撮るのはアメリカ人或いは英吉利人じゃん?独逸ではナチに関する映画を撮っちゃ駄目だ。宗教裁判映画も、その宗教の信者に取られる筈が有りませぬ。例えモンティ・パイソンの「ライフ・オブ・ブライアン」が全員無神論者の喜劇グループに取ったのであろう?

    とある内集団の団員がその集団を批難する筈が御座らぬ、自らを美化するに違いない。米国映画は大体英国人を紅茶飲みの見下し屋の貴族方とするではないか?

    合ってない日本語で申し訳御座らん。

  4. 無名
    June 3, 2008 at 04:38

    でも、ドイツ製のナチ映画もある。殆どのは記録映画だけれど、Mein Führer – Die wirklich wahrste Wahrheit über Adolf Hitler(我が総統、ヒトラーについての本当に一番本当の真実)ってコメディーがあるんで、Der Untergang – Hitler und das Ende des 3. Reichs(滅亡、ヒトラーと第三帝国の終わり)って映画が誰の眼から見てもナチを美化しようとしない映画なんっす。
    カトリック教会も宗教裁判に関する記録映画を産するが、私が知っている限りその映画は結構歴史の事実を美化しようとする。でも、教会だから事を美化しようとするって当然かもな。

  5. khatzumoto
    June 16, 2008 at 22:47

    @無名さん
    御コメント、本当にありがとう御座います。
    ナチス映画なんだけさぁ、確かに白人の中のよく使われる悪玉ですね。
    しかし、それは飽く迄も例外で、逆に其のナチス連中と対抗する白人こそ美化されているのではないでしょうか?どう思いますか?

  6. Yasu
    September 14, 2008 at 09:45

    マイケル・ムーアとかはどうなの?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *